お盆の正式名称、知ってる?【お盆は7月?8月?】

生活の豆知識
スポンサーリンク

ご先祖様の魂を迎えもてなすお盆の正式名称、時期についてご存じですか?

 

お盆の正式名称と由来

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」です。

ちょっと不思議な響きのこの言葉、インドのサンスクリット語の「ウラバンナ(逆さ吊り)」、ペルシャ語の「ウラヴァン(霊魂)」が語源となっているようです。

お釈迦様の弟子の一人に目連尊者(もくれんそうじゃ)が神通力で亡き母が餓鬼の世界に堕ち、逆さ吊りにされて飢えと渇きに苦しんでいることを知りました。

母親を救おうと、神通力で食事や飲み物を送っても、目の前で灰と化してしまい、凶器となって母親をさらに苦しめてしまうこととなりました。

そこで、お釈迦様に相談したところ、夏の修行が終わった7月15日に僧侶を招き、多くの供物をささげて供養すれば母を救うことができるであろうといわれました。

目連尊者がその教えのままにしたところ、その功徳によって母親が救われたということです。

この盂蘭盆会の行事が日本の祖霊信仰と融合し、日本独自のお盆の風習がつくられました。

 

 

東京を含む一部の地域では7月15日を中心にお盆を行います。

でも、一般的には8月半ばに月後れで行うお盆のイメージがあると思いませんか?

 

 

なぜ地方では8月にお盆を行うところが多いのでしょうか?

かつては全国的に旧暦7月にお盆を行っていました。

明治時代に採用された新暦での7月(つまり現在の7月)は農繁期

農業をしている人の多かった地方ではご先祖様を丁寧にお迎えするのが難しく、次第に月遅れで行うようになったようです。

よって、今では東京などの一部の地域では7月、地方では8月にお盆を行っているということですね。

 

▶お墓参りのマナーはこちら

 

お盆の飾りつけ

お盆には祖先の霊を迎えるために、地域によって供養の仕方に多少の違いはありますが、盆棚や精霊棚と呼ばれる飾りつけをします。
まこものゴザを敷き、四隅に青竹を立てて竹の上部にしめ縄を張ります。
まこもの上には位牌やお供物や花立、故人の好物などを置きます。

ナスときゅうり

ナスときゅうりを馬と牛に見立てて飾ります。

ご先祖様があの世から来るときと戻るときの乗り物とされていて、

キュウリの馬は早く行き来してもらい、ナスはゆっくり行き来してもらう心を表しているとされています。

 

迎え火と送り火

迎え火は13日、送り火は16日の夕方に、玄関の前で焚きます。

京都で毎年8月16日に行われる大文字焼きで有名な五山の送り火も、送り火の1つです。

 

 

 

まとめ

お盆の正式名称と由来、時期について、そしてお盆の飾りつけについて解説いたしました。

お盆はご先祖様に感謝の気持ちをもって過ごしたいですね。

 

▼お供え用の造花の胡蝶蘭

 

 

コメント

  1. […] ▶お盆の正式名称についてはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました