買った食材は消毒しよう【新型コロナウイルス対策】

生活の豆知識
スポンサーリンク

新型コロナウイルスがなかなか収束しません。

緊急事態宣言も全国に出されましたが、食料品の買い物は最低限必要ですよね。

 

スーパーで買い物をした後、そのまま食材を冷蔵庫や棚にしまっていませんか?

新型コロナウイルスは、プラスティックや段ボールの表面で数日間生き続けます。

 

お店でウイルスが付着している可能性は否めませんよね。

 

食品を並べる店員、商品を手に取って選ぶ顧客、それだけでなく、商品はお店に到着する前にもたくさんの方の手に触れていますよね。

 

そこで、ロックダウンが発生しているニューヨークの方たちが行っている方法を参考に、消毒を実践してみました。

 

 

消毒方法

1.買ってきたものをエコバッグやスーパーの袋から取り出さずに床に置いたままにする。

2.テーブルの上をアルコールティッシュで消毒する。

3.ビニール手袋をするか、なければ手をアルコール消毒する。

4.袋から商品を1つずつ取り出し、アルコールティッシュで拭き、拭いたものをテーブルに乗せていく。

5.あるコース消毒の終わったテーブルの上のものを冷蔵庫や棚に閉まっていく。

冷凍食品→冷蔵食品→常温食品の順に行うと良いでしょう。

 

手順としては簡単ですが、実際にまとめ買いをした際にすべての商品を消毒する作業はなかなか大変です。

だけど、全ての食品にウイルスがついているという意識をもって丁寧に行うことが大切です。

少しでもリスクを減らし、安心して暮らせるように工夫していきたいですね!

 

一刻も早く新型コロナウイルスが収束することを願ってやみません。

 

タイトルとURLをコピーしました