【線香花火ナイト】どこにいても誰でも参加できる!今夜は線香花火しよ♪

生活の豆知識
スポンサーリンク

線香花火。

江戸時代から親しまれてきた花火です。

変化する火花の様子が儚くも美しい、日本中で愛され続けている線香花火。

その火花にはそれぞれ名前がついていることをご存じですか?

 

線香花火の火花の名称

「牡丹」:火をともしたあとできあがる火の玉から短い火花が出はじめるまで

 

「松葉」:勢いよく火花が四散する頃

 

「柳」:次第に火花が弱まり火の玉が大きくなる頃

 

「散り菊」:最期の力を振り絞るように一瞬だけ光と火花が強まる頃

 

線香花火ナイト

「線香花火ナイト」とは、東日本大震災の復興を祈り、線香花火を灯すイベントです。

2011年からこれまで、毎年3月11日、7月7日、8月11日に開催されています。

 

今宵、8月11日。

会場はあなたのいるその場所で。

開催時間は星空が見える時間

19時半が目安となっているようです。

誰でも参加できる #線香花火ナイト

 

優しい祈りを届けるために、

線香花火をともしてみませんか?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました