【虹の日】虹の色を順番に言える?

生活の豆知識
スポンサーリンク

7月16日は「虹の日」です。

7(なな)月16(いろ)日の語呂合わせから付けられました。

また、この時期は梅雨明けの頃で虹が見られることが多いことも関係しているようです。

虹の色

7色の虹の色、全てご存じですか?

虹の色の順番はいつも必ず同じ。

色のスペクトル(色の帯)の順は決まっているので、どこから見ても同じ並びになるのです。

外側(上部)から、

赤・橙・黄・緑・青・藍・紫

という順番です。

虹の絵を描くときにはぜひ、この通りの色使いにしましょう。

 

 

赤外線と紫外線って何?

私たち人間が見ることが出来る色を可視光線と言います。

これは虹の色の範囲と同じとなります。

 

その外の色は「赤外線」「紫外線」と言い、人の目で見ることが出来ません。

虹の端の赤より外、そして紫より外の色が見えないということで、これは字の通りなのですね。

 

 

おわりに

ある時ふと空に表れる美しい虹。

大きくキレイな虹を見るとなんだかとても嬉しくなりますよね(^^)

虹は人を笑顔にするパワーがあるなぁと感じます♪

虹を見かけたらぜひ、周りの人にも教えてあげたいですね。

 

**今日のギフトナビ**
Happyを贈ろう♪虹色のお中元ギフトは?

→「虹色そうめん」
▼夏のギフトにこんな映えるお素麺をいただいたら絶対嬉しいですね(^^)

*****

 

▼レインボーラムネも夏のギフトにいいですね♪

 

▼7色の高級造花の胡蝶蘭。お中元ギフトに人気です!

タイトルとURLをコピーしました