【2020年春】お彼岸はいつ?何をするの?お供えは?【春分の日】【お彼岸の意味を知ろう】

ギフトのマナー
スポンサーリンク

こんにちは。ギフトキュレーターななせです。

今回は「春のお彼岸」についてのお話です。

 

■目次■
・春のお彼岸はいつ?
・お彼岸て何?お彼岸には何をすればいいの?
・お彼岸にお供えするもの

 

 

春のお彼岸はいつ?

 

3月の春分の日の前後3日、あわせて7日間が春のお彼岸となります。

 

ちなみに春分の日というのは太陽が真東から昇り、真西に沈む日

 

今年、2020年の春分の日は3月20日ですので、

彼岸入りは3月17日となります。彼岸明けは3月23日ですね。

 

 

春分の日というのは毎年同じ日付ではないことにお気づきでしたか?

春分の日は、3月20日の年もあれば、3月21日の年もあります。

これは、地球の運行状況によって計算されて決められているからです。

日本の国立天文台で計算され、翌年の暦をまとめた「歴要項(れきようこう)」が前年の2月1日に発表されます。

これをもとに翌年の春分の日が正式に決まるという流れとなっています。

春分の日は祝日ですが、再来年以降の春分の日は正確には分からない、ということなんですね。

 

ということで、春のお彼岸は、

春分の日を中日(ちゅうにち)とする前後3日、合計7日間となります。

 

 

2020年 春のお彼岸 :3月17日~3月23日

3月17日(火):彼岸入り
3月20日(金):中日(春分の日)
3月23日(月):彼岸明け

 

 

 

お彼岸て何?お彼岸には何をすればいいの?
お墓参り

日本には、お彼岸にお墓参りをするという習慣があります。

このお墓参りという文化は、仏教徒の多い他の国と比べても日本だけの独特の風習となります。

何故お彼岸にお墓参りをするのか?

「彼岸(ひがん)」という言葉は、サンスクリット語の「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳「到彼岸(とうひがん)」の略になります。

意味としては煩悩を脱した悟りの境地のことを指しています。
煩悩とは、心身を悩ませ、乱し、煩わせ、汚す、悟りの境地を妨げるような精神作用のことです。

三途の川をはさんで、私たちが住んでいる世界を此岸(しがん)、そして向こう側の仏様の世界を彼岸(ひがん)と言います。

 

つまり彼岸というのは、私たち人間の迷いや苦しみの原因となる煩悩のない、悟りの境地に達した世界であり、極楽浄土のこととなります。

 

そしてその極楽浄土である「彼岸」は、西に位置し、「此岸」は、東に位置するとされているんです。

 

春分の日は太陽が真東から昇って真西へ沈むという特別なルートを通りますよね。

極楽浄土というのが西のかなたにあると考えているので、この日にご先祖様の供養をおこなうことで、故人との交わりを感じられるとされてきたのかもしれませんね。

 

ということで、こういった理由、背景があって、日本ではお彼岸にお墓参りをするという風習があるというわけです。

 

お墓参りには、ご先祖様を想っていつもより丁寧に墓石のお手入れをする日、と決めても良いですね。

お彼岸の本来の意味を知っておくと、より有意義な時間が過ごせるのではないかなと思います。

 

 

お彼岸にお供えするもの

 

ご先祖様にぼた餅をお供えします。

もち米やうるち米を炊き、軽くついたものを餡やきな粉で包んだ和菓子ですね。

春に咲く牡丹(ぼたん)の花にちなみんで「ぼた餅」の名前が付けられています。

秋のお彼岸では同じものでも「おはぎ(萩)」となります。

ぼた餅を手作りで用意してみるのもいいですね。

 

 

また、お供えのお菓子として落雁(らくがん)を用意することも多いです。

落雁は、お砂糖を型に入れて固めて作られたものです。

 

 

お寺にお供えを持っていく場合と、親戚や知人のところへ訪問する際にお供えを持っていく場合の、おすすめのお供えものをご紹介します。

お寺にお供えものを持っていく場合

お饅頭やせんべい、羊羹、クッキーなど

日持ちのするお菓子が一般的となります。

 

 

親戚や知人のところへ訪問する場合

お茶菓子、フルーツ、線香、ろうそく、花束など

故人が好きだった食べ物なども良いでしょう。

 

 

まとめ

この記事では、春のお彼岸はいつであるか、お彼岸とは何か、何をすればよいのか、そしてお彼岸にお供えするものについてご紹介しました。

暑さ寒さも彼岸までと言われるように、冬の寒さが和らぎ過ごしやすい時季になっていきますね。

 

お彼岸はこのように、季節の移り変わりを教えてくれるものでもありますね。

ぜひご家族でお墓参りに行ってみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] お墓参りが一般的に行われるのは、春のお彼岸、秋のお彼岸、お盆、故人の命日、正月、年忌法要などです。 ▶「お彼岸」についてはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました