【全部言える?】日本三景の日【松島旅行記】

生活の豆知識
スポンサーリンク

 

7月21日は日本三景の日です。

日本三景の生みの親ともいわれる江戸時代の儒学者 林春斎(はやししゅんさい)の誕生日にちなんで制定されました。

 

日本三景ってどこ?

日本三景

■松島(まつしま) 宮城県
■天橋立(あまのはしだて) 京都府
■宮島(みやじま) 広島県

いずれも海岸沿いの景勝地であることが、日本という島国の特徴を表しているとも言えますね。

日本三景と社寺

日本三景はそれぞれ、有名な社寺への参拝とセットで旅行されることが多いです。
松島は、瑞巌寺(ずいがんじ)
天橋立は、成相寺(なりあいじ)
厳島は、厳島神社(いつくしまじんじゃ)

日本三景ってどんなところ?

■松島は松に覆われた大小の260の島からなります。
■天橋立は宮津湾に突き出る全長3.6km、幅20~170mの 砂州(さす)。
砂地には約5000本の松が茂り、その姿はあたかも龍が天に昇る様子と言われてきました。
■宮島は広島湾に浮かぶ島。沖合に立つ朱色の大鳥居へは、干潮時になると歩いて渡れます。

松島へ行ってきた

私は2年ほど前に松島へ旅行してきました。
松島では島巡りの出来る、クルーズ船が人気です。
私も乗船しました♪
大人1500円です。
すごく気持ちよかったです。
船の中で松島ビールも買って飲みました。
牡蠣を食べ、瑞巌寺へも行き、「みちのく伊達政宗歴史館」を見て、
翌日は仙台で牛タンを食べて来ました(^^)
松島、とても素敵なところでした。
**今日のギフトナビ**

美味しい夏グルメギフトは?

→仙台の牛タンギフト♪

*****

タイトルとURLをコピーしました