【マスクゴム代用】安くて簡単!マスクのゴムはすぐ作れます。

DIY
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄がなかなか解消されませんね。

現在ネットで売られているマスクは、とても高額なことにびっくりします。

 

この値段ではなかなか手が出ませんね。

手元にあるもので、簡易マスクを作れたら、気持ちが少しは楽になりませんか?

マスクの作り方はいろいろありますが、共通して必要となる材料の「マスクゴム」

普段であれば100円ショップにも置いているアイテムですが、今はとにかく売っていません。

 

この記事では簡単にできるマスクゴムについての作り方を紹介します。

用意するものはタイツです。

 

ここでは新品の白いタイツを使っていますが、家にあるはかなくなったカラータイツなどでOKです。

タイツの足の付け根の部分でカットして、約2cm間隔で輪切り状に切っていきます。

幅は2cmくらいあったほうが頑丈なマスクゴムが出来ます。

これだけで完成です。

片足分で23個のマスクゴムが出来ました。両足分で46個ですね。

1つのマスクで2個のマスクゴムを使うので、1枚のタイツで23個分のマスクが作れることになります。

とてもリーズナブル、かつ簡単な方法ですね!

よく伸びるので、耳も痛くなりません。

ただ、マスクを作る時はゴムを短めにした方がいいかもしれません。

その際は、輪の状態のマスクゴムを一度切り、お好みの長さに結びなおしてくださいね!

 

簡単なマスクの作り方はこちらで紹介しています→ マスクの作り方3パターン

 

▼マスクゴムの作り方動画はこちらを参考にしてみてくださいね

【マスクのゴム量産】安くて簡単♪タイツ1枚でこんなに作れる!

 

 

人の多いところへ極力行かないことは基本ですが、それでもどうしても用事があって外出しなければならないとき、マスクがないと不安になってしまうかもしれません。

 

そんなマスク不足の不安だけでも解消できればと思います。

 

より多くの方が少しでも心の不安を取り除くことが出来て、少しでも明るい気持ちで過ごしていけたらいいなと願っています。

タイトルとURLをコピーしました