緊急事態宣言が出されてから1日で変わったこと【埼玉県】

未分類
スポンサーリンク

4月7日、7都府県で緊急事態宣言が出されました。

私の住む埼玉県も対象地域です。

変わったこと。

身近なところで目に見えて変わったことが結構あります。

 

昨日、食料品の買い物にいつも行っているスーパーへ行きました。

スーパーのレジに並ぶ際には、180㎝の距離をおくようになりました。

床に180㎝間隔で太いテープが貼られていました。

そのテープに沿って並ぶようにと貼り紙がしてありました。

今までは前の人がレジのスキャンをされている時に次の人はレジの台にカゴを置いて待っていましたが、それもなくなり、つまり人の流れが前よりスムーズにはいかず、時間がかかるようになりました。

 

レジスタッフの方とお客さんの間にはビニールの壁が作られ、

レジスタッフの方はマスクゴム手袋着用となりました。

これは感染予防はもちろんですが、スタッフの方が少しでも安心して働ける試みとなりますので良いですね。

 

昨日、犬の散歩へ行った際、散歩をする人の数がとても増えていました。

マスクをしてひとりひとり黙々と歩く、少し異様な光景でした。

知り合いとすれ違っても、大して挨拶を交わすこともなくなりました。

用事を済ませたらとにかく素早く帰ろうという意識が働いている感じがします。

 

 

通りかかる病院では、入り口の外に大きなドーム型のテントが張られました。

白衣を着たスタッフが数人出入りをしていました。

推測でしかありませんが、タイミング的に新型コロナウイルスの何らかの対策のために用意されたものでしょう。

 

 

昨日は緊急事態宣言が出されて1日目、

たった1日でこれだけの変化を感じました。

 

私たちは今まで体験したことのない事態に、不安と戦いながらも試行錯誤し、工夫し、生活していくことになります。

緊急事態宣言が出されていない地域の方にも、ぜひ対岸の火事と思わないで欲しいです。

 

1か月後、

良かったね、頑張ったねって言えるような日常を目指して乗り切っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました