【意外と知らない】敬老の日はいつ? 老人の日、老人週間って何?

生活の豆知識
スポンサーリンク

9月の祝日、敬老の日

今回は敬老の日の由来について分かりやすく解説します。

 

敬老の日とは

敬老の日は、国民の祝日に関する法律によると、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」こととされています。

日本で生まれた記念日です。

 

敬老の日のはじまりは?

1947年9月15日に、兵庫県多可郡(たかぐん)野間谷村(のまだにむら)で、「敬老会」が開催されたのが始まりとされています。

これは、野間谷村の村長が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨で開いたものです。55歳以上の人を対象に開催されました。

 

9月15日という日取りは、農閑期で気候も良い9月中旬であることから決められました。

最初は9月15日を「としよりの日」と定めましたが、
その後もっと良い呼び方にしようということで、「老人の日」と改称されました。

そして1965年に国民の祝日「敬老の日」として制定されました。

 

敬老の日って何日?

現在、敬老の日は「9月の第3月曜日」と定められています。

これは2003年にハッピーマンデー制度が適用されたからですが、

2002年までは敬老の日は「9月15日」でした。

 

9月15日になった理由は諸説ある

敬老の日が9月15日になった理由には諸説あります。

ひとつは、聖徳太子が大坂の四天王寺に悲田院(ひでんいん)を設立した日が593年9月15日だからという説です。
悲田院というのは、現在でいうところの老人ホームです。

もうひとつの説は、元正(げんしょう)天皇が717年の9月に現在の岐阜県にある養老の滝を訪れたことをもとにするものです。

 

「敬老の日」と「老人の日」の違いは?

敬老の日にハッピーマンデー制度が適用されたとき、慣れ親しんでいた日付が変わることに反対の声もありました。

そこで、敬老の日とは別に、9月15日を「老人の日」に指定することになりました。

そして9月15日から1週間は老人週間となっています。

老人の日は祝日ではないため、知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

それぞれの日が持つ意味も少し違います。

 

敬老の日:9月第3月曜日

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を敬う日

老人の日:9月15日

老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す日

老人週間:9月15日~9月21日

広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活向上に努める意欲を促す

 

敬老の日は周りのみんなでお祝いをする日、

老人の日は老人を理解して助け、ともに頑張る日という意味合いですね。

 

 

ぜひ、お世話になった周りの高齢の方に心を込めた贈りものと感謝の気持ちを届けてみませんか?

 

タイトルとURLをコピーしました