【意外と難しい】敬老の日のお祝いは何歳から?

ギフトのマナー
スポンサーリンク

9月の第3月曜日は「敬老の日」

老人を敬愛し、長寿を祝う日とされていますが、

何歳からお祝いをすればいいのでしょうか?

 

早すぎると、年寄り扱いされることに抵抗がある人は気分を害するかも・・・

 

お祝いしないでいたら、寂しがられるかも・・・

 

敬老の日で一番迷うのは、何歳からお祝いしたらいいのかということかもしれません。

 

高齢者って何歳から?

老人福祉法では老人は65歳以上としています。

また、WHO(世界保健機関)においても、高齢者を65歳以上と定めています。

よって、一般的には高齢者は65歳以上となります。

 

敬老の日の対象年齢は?

敬老の日にお祝いする対象年齢は、特に定めていません。

よって人それぞれの判断によるところとなってきます。

迷ってしまう場合は、高齢者の定義とされる65歳を目安とするのも良いでしょう。

 

 

孫からのプレゼント

年齢のことを気にしすぎなくて済むギフトの方法があります。

それは、孫からのプレゼントという形。

かわいい孫からのお祝いとなれば、嬉しくないはずがありません。

年齢自体よりも、「間柄」が重視されるので、年寄り扱いされたと思われるかもと気に揉む必要もなくなります。

「敬老の日」を、孫からおじいちゃんおばあちゃんへ感謝の気持ちを伝える機会

と捉えてみてはいかがでしょうか。

 

高齢者を敬いお祝いするという形は保たれますし、

もらう側も嬉しく、プレゼント選びをする孫も楽しめる、そんな素敵なイベントの日に出来たらいいですね(^^)/

 

▶「敬老の日とは?」についてはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました