【鹿児島名物かるかん饅頭】手土産にも最適!美味しい食べ方は?

プレゼント紹介
スポンサーリンク

鹿児島の名産品「軽羹(かるかん)」というお菓子をご存じですか?

優しい食感と甘さの老舗のお菓子です。

 

手土産にもぴったりのかるかん饅頭についてご紹介します。

 

■目次■
・かるかん饅頭とは
・おいしい食べ方

 

 

かるかん饅頭とは

 

山芋(自然薯)を原材料に使った真っ白な和菓子です。

空気をたっぷり含んで蒸して作られているため、ふんわりと柔らかいのが特徴です。

鹿児島(薩摩)で最も多く作られています。

 

三百年前に生まれたお菓子で、お祝い事に登場するお菓子として親しまれてきました。

 

原材料の自然薯(じねんじょ)は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富です。

 

かるかんという名前の由来は諸説あるようですが、その中に軽い羊羹(ようかん)という意味からきたという説があります。

かるかんの元祖は「明石家」とされています。

>「明石家」はこちら

 

▶楽天市場でもかるかん饅頭は購入できます

 

▶ふるさと納税の返礼品も有りました

 

 

おいしい食べ方

 

 

明石家の「かるかん」の美味しい食べ方を紹介します。

保存は20~26度が推奨されています。
一般的な家庭の室温であればそのまま室内保存で大丈夫そうですね。

開封後は賞味期限にかかわらず、2日以内にいただきましょう。

梱包は密封されていますが、日が経つとご飯同様固くなるようです。
その場合は次のようにひと手間かけていただくと美味しくなります。

1.電子レンジであたためる

フィルム包装のまま温め直すとふっくら美味しくなります。
(開封後はラップで包みましょう)

1個の加熱時間目安
・500W 15秒~20秒
・1500W 7秒~10秒

 

2.蒸し器であたためる

1分~2分ほど蒸すとしっとりした味わいになります。

 

3.オーブントースターであたためる

3分~5分程、表面に少し焦げ目が付くくらい焼いても美味しいです。
お好みでバターをつけていただくのもおすすめ!

 

手土産にもぴったりの鹿児島名物かるかん饅頭。

鹿児島に行った際のお土産に迷った際にもおすすめの和菓子です。

タイトルとURLをコピーしました