【結婚1周年】紙婚式に贈るプレゼント【おすすめ5選】

プレゼント紹介
スポンサーリンク

結婚して1年が経った日は1回目の結婚記念日。

1年目は紙婚式(かみこんしき)と呼ばれます。

意味はこちらです。

「白紙の状態から将来の夢を願う」

まだ何色にも染まっていない夫婦のこれからを思い描いてお祝いする日です。

 

せっかくですから、紙婚式のプレゼントは紙にまつわるものを贈りたいですよね。

紙婚式のおすすめギフトを5つご紹介します。

 

■目次■
・10年連用日記帳
・手帳
・フォトブック
・本
・手紙
おわりに

 

10年連用日記帳(予算3,000円前後)

家族で使える10年日記がおすすめです。

私は10年日記を愛用しているのですが、1ページで10年分の同じ日付の日記が一目で見られるので、毎日書いていてとても面白いです。

過去の同じ日に何をしていたかが分かるのは面白いだけでなく、体調の変化などもにも気づけますし、シーズンごとに気を付けたいことなども分かってきます。

10年日記ともなると、日記を書くスペースはとても小さくなります。

寝る前にささっと書けるので、続けやすいですよね。

紙婚式に夫婦で連用日記を記念に購入して、寝室の枕元に置き、毎日交代で書いてもいいですね。

感情よりも、その日にあったこと、行った場所などを書くのがコツです。

書いていてつまらないなと思うようなシンプルな内容でも、数年後に見るとびっくりするほど面白いですよ♪

 

 

 

手帳(予算5000円前後)

大切なことを書き留めておくアイテムである手帳

紙婚式に夫婦でプレゼントし合うというのはいかがでしょうか。

色違いなどにしてみても素敵ですね。

スケジュールをスマホのアプリなどで管理する人も増えていますが、やっぱり手帳はささっとペンで書き込める紙媒体がいいという人も多いです。

レフィルを毎年変えるタイプなら長く使っていくことも出来るので、記念のギフトにぴったりですね。

 

 

 

フォトブック(予算4,000円前後)

結婚して1年経ったということで、この1年間にスマホなどで撮ってきた写真フォトブックにしてみてはいかがでしょうか。

 

紙にまつわるギフトとしてフォトブックはまさに最適ですね!

 

 

 

本(予算2,000円前後)

実用本や、自己啓発本旅の本など、家にぜひ置いておきたいと思える本をプレゼントするのもいいでしょう。

 

心の支えになってくれるような本は、長く付き合っていく本となります。

夫婦で一緒の愛読書が家にあるというのはいいですよね。

 

 

 

手紙(予算2,000円前後)

SNSやメールでのやりとりがほとんどになっている今、

手書きの手紙をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

普段きっかけがないとなかなか手紙というのは書かないですよね。

1周年の記念に、あらためて気づいた相手の素敵なところ、相手への変わらぬ想いをしたためて渡してみませんか?

きっととても喜んでもらえる素敵なギフトになることでしょう。

 

 

 

 

おわりに

紙婚式におすすめのプレゼントを5つご紹介しました。

結婚して1年、まだ初々しい二人のこれからが素敵な未来でありますように☆彡

タイトルとURLをコピーしました