【ひまわりってどこにいるの?】7月14日は何の日?

生活の豆知識
スポンサーリンク

7月14日は「ひまわりの日」です。

1977年の7月14日に気象衛星の初号機「ひまわり1号」を打ち上げたことを記念して制定されました。

ちなみに現在はひまわり8号と9号を運用しています。

ひまわりは地上から約3万6千キロメートルの赤道上空にいます。

地球の自転と同じ速度で飛んでいるため、地上からは常に静止しているように見えます。

 

ひまわりは夏の花の代名詞でもありますよね!

 

私は今年、種から育てたひまわりの苗を庭に植えてみました。

 

3本植えて、3本とも1階の屋根より高くまで成長!

茎もとても太くて強い生命力を感じます。

先日、そのひまわりが1輪、開花しました。

 

 

しかし!

 

数日前に、ものすごい暴風雨があり、まだ開花していないひまわりが1本なぎ倒されてしまいました(T_T)

大きな蕾となっていましたが、咲かせてあげられなくてとても悲しかったです。

直後に他の2本のひまわりに支柱を追加で施しました。(大雨の中;

 

高さがある分、強風には注意が必要ですね。

 

気象衛星ひまわりが日々、雲の様子を撮影してくれています。

 

しっかり天気予報をチェックして地上のひまわりも守ってあげたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました