知っているようで知らない【干支(えと)】のお話。十干十二支って何?

行事のマナー
スポンサーリンク

 

「干支(えと)」と聞くと生まれ年でおなじみの十二支をイメージしますよね。

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

読みは、

ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い。

 

 

しかし「干支」とは、「十干(じっかん)」の干と「十二支」の支という別の言葉同士が組み合わさったものなのです。

 

十干は10種類あります。

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

読みは、

こう、おつ、へい、てい、ぼ、き、こう、しん、じん、き。

 

よって干支は正しくは、「十二支」と「十干」を組み合わせた全60種類となります。

干支の早見表はこちらをご参照下さい。

 

十干はあまり馴染みがないように感じるかもしれませんが、じつは日常で結構使われています。

 

 

たとえば契約書を作成するときに使われますよね。

 

 

また、歴史上の出来事、「壬申の乱」「戊辰戦争」などの呼び名も十干十二支による数え方にもとづいたものとなっています。

 

阪神甲子園球場「甲子」の年(1924年)に完成したためにその名がつきました。

 

数え年で61歳で還暦と呼びお祝いするのも、60種類の十干十二支が生まれた年の者に還ることに由来するものですね。

 

ちなみに、十二支は月日だけではなく、方角や時刻を表すためにも用いてきました

鬼門を意味する「丑寅(北東)の方角」「午前」「正午」「午後」といった言葉もその名残りです。

 

十干十二支と聞くと、なんとなく難しいというイメージを持たれがちですが、実は普段の生活の中で使われているんですね。

タイトルとURLをコピーしました