【土用の丑の日】なぜ鰻を食べるの?

生活の豆知識
スポンサーリンク

7月20日。

今日から2週間あまりは「土用(どよう)」です。

 

土用の丑の日って何?

「土用」は、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間を指します。

これは中国の陰陽五行説に由来する雑節です。

季節の変わり目ですね。

土用は年に4回ありますが、現在は夏の土用だけが行事として親しまれています。

スーパーでも「土用の丑(うし)の日」のポップが並び、ウナギがたくさん売られる時期ですね。

 

「丑の日」日にちに十二支を割り振ったなかの「丑」にあたる日です。

毎年日付が変わります。

2020年は7月21日が土用の丑の日です。

 

なぜ鰻を食べるの?

土用の丑の日に鰻を食べて精をつけるという習慣が生まれたのは江戸時代です。

 

蘭学者 平賀源内(ひらがげんない)が、「『う』のつくものを丑の日に食べると夏負けしない」という伝承から、夏場の客不足に悩む鰻屋に「本日土用の丑の日」という看板を上げさせてのがはじまりと言われています。

 

これだけ行事として広まっているのですから作戦大成功ですよね!

平賀源内は発明家としても知られていますし、さすがのアイデアだなと思います。

 

 

鰻だけじゃなかった

土用シジミをご存じですか?

夏のシジミは産卵期を迎えて特に栄養豊富ということから、食べられるようになったそうです。

昔から「土用シジミは腹薬」と言われています。

江戸時代の健康書にも紹介されていました。

シジミはタウリンを豊富に含みます。

夏バテで低下しがちな肝機能を回復させるのにぴったりの食材と言われていますね。

 

▼サプリで手軽に取るもの有りですよね♪

 

おわりに

季節の変わり目の土用の丑の日。

鰻やシジミをいただき、夏バテ予防をして元気に過ごしていきたいですね☆彡

 

タイトルとURLをコピーしました