【おうちで本格カレー】スパイスからカレーを作ってみよう!【レシピ】

レシピ
スポンサーリンク

昨日、「マツコの知らない世界」(TBS系)で真夏のカレースペシャルを放送していました。

それを見て、カレーが食べたくなったので、本格スパイスカレーを作ってみました☆

■動画でもご紹介しています↓

【おうちで本格スパイスカレー】はじめてでも簡単♪スパイスからカレーを作ってみた!【GABAN】【キーマカレーレシピ】

 

スパイスをいろいろとそろえていくのは大変ですよね。

 

そこで、今回は「GABAN」の『手作りのカレー粉セット』を使いました。

 

 

 

スパイスが20種類入っています。

 

出来上がりのカレーの分量は約20人分です。

 

こちらの商品には、カレー粉の作り方やスパイスの役割、カレー粉を使ったチキンカレーとキーマカレーのレシピが書いてある説明書が入っているので安心です。

 

手作りカレー粉の作り方

1.全てのスパイスを開ける。

カエンペッパーは辛いので、調理の際にお好みで加えると良いと書いてありましたので少量だけ入れました。

他のスパイスは全ての分量を混ぜあわせます。

 

2.20種類のスパイスを全て開けたら、軽く混ぜ合わせます。

 

3.サラダ油大さじ1杯を入れ、弱火にかけて焦がさないように木べらで5~6分炒めます。

※焦げると苦みが出るので気をつけましょう。

 

4.炒めたカレー粉を冷ましてから、ガラスの空き瓶に入れていきます。

 

保存は冷暗所または冷蔵庫。

今回は真夏ということもあり冷蔵庫に入れました。

 

※すぐに使うことも出来ますが、数日間熟成させるとスパイスがなじんで、まろやかな味と風味になるそうです。

使い始めたら香りが飛んでしまう前に早めに使用することがおすすめです。

 

 

スパイスの役割は「香り」「辛み」「色」

今回使用したスパイスの、クミン・コリアンダー・フェネグリーク・カルダモン・ガーリックフェンネル・クローブス・シナモン・ディル・オールスパイス・ナツメグ・セイジ・タイム・ベイリーブス・スターアニス・みかんの皮が、主に香りを付ける役割となります。

 

カエンペッパー(唐辛子)・ブラックペッパー・ジンジャー辛みの役割。

 

ターメリックは「ウコン」としても知られていますよね。カレーやピラフ、たくあんなどを黄色にづける役割をもっています。

 

キーマカレーの作り方

一晩寝かせた手作りのカレー粉を使って、キーマカレーを作ってみます。

【材料】(4~5人分)

・スパイスから作った手作りカレー粉 大さじ3
・カットトマト缶 1缶
・コンソメキューブ 1個
・塩 小さじ1.5
・玉ねぎ 1個
・合いびき肉 300g
・サラダ油 大さじ1
・しょうが、にんにく チューブで各2㎝くらい
・水 100㏄

 

【作り方】

1.玉ねぎ1個をみじん切りにし、サラダ油をひいたフライパンで炒める

2.1に合いびき肉、しょうが、にんにくを入れて炒める

3.合いびき肉に火が通ったらカットトマト缶、コンソメキューブ、水を入れて3分ほど煮込む

4.3に手作りカレー粉、塩を入れて10分ほど弱火で煮込む

5.出来上がり♪

キーマカレーは簡単にすぐに出来るのでおすすめです(^^)

盛りつけの際には真ん中に卵黄を落として、パセリをふりかけると見映えもUP!

食べてみたところ、スパイスの香りが市販のカレー粉より強く感じられました。

 

 

カレー粉はスパイスを混ぜて炒めて一晩置いただけ。

このカレー粉の新鮮さがスパイシーな香りを作り出しているのですね♪

 

ぜひ参考にして作ってみてください(^^)/

 

 

タイトルとURLをコピーしました