【2020年版】長寿祝いの種類と祝い方|おすすめプレゼント

ギフトのマナー
スポンサーリンク

長寿祝いは、60歳の還暦や70歳の古希、88歳の米寿などの人生の節目のお祝いです。

それぞれのお祝いに込められた意味をご存知ですか?

例えば還暦は、十干十二支(じっかんじゅうにし)が一巡してもとの干支(えと)に戻ることを祝うものです。

また、お祝いにはそれぞれテーマカラーもあります。

長寿祝いについて、種類やマナーの基本、お祝い仕方をご紹介します。

 

■目次■
・長寿祝いの種類と由来、テーマカラー
・長寿祝いのお祝い方法
・金額の相場
・内祝いは必要?
・おすすめプレゼント

 

 

長寿祝いの種類と由来、テーマカラー

 

長寿のお祝いは還暦から始まります。

昔は数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近では満年齢で祝うことが多くなっています。

ただし、還暦だけは数え年で61歳(満年齢60歳)でお祝いします。

長寿祝いの名前と由来、そしてテーマカラーについてまとめました。

 

還暦(かんれき)…61歳(満60歳)

■テーマカラー:赤

十干十二支(じっかんじゅうにし)が60年で一巡して生まれ年の干支に戻ることから、「暦(こよみ)が還る」という意味で「還暦」と呼ばれるようになりました。

赤いちゃんちゃんこの風習があるように、赤がテーマカラーとされています。

これは年が巡って赤子(赤ちゃん)にかえるとされていることからです。

また、赤は魔除けの色と言われていることからでもあります。

古希【古稀】(こき)…70歳

■テーマカラー:紫

中国の唐時代の詩人、杜甫(とほ)の詩の一節、

「人生七十古来稀なり(ジンセイシチジュウコライマレナリ)」に由来します。

70歳まで長生きする者は、昔から非常に少ないという意味です。

テーマカラーは高貴な色とされる紫です。

喜寿(きじゅ)…77歳

■テーマカラー:紫

「喜」という字を草書体で書くと「㐂」となり、七を3つ重ねた形になることに由来します。

また、草書体で書くと「七十七」と読めるという説もあります。

喜寿のテーマカラーは古希と同じ紫となります。

傘寿(さんじゅ)…80歳

■テーマカラー:黄色(金茶色)

「傘」の略字「仐」が八と十を重ねた形になることに由来します。

「八十寿(やそじゅ)」とも言います。

傘寿のテーマカラーは黄色(金茶色)となります。

米寿(べいじゅ)…88歳

■テーマカラー: 金茶色

「米」の字を分解すると八十八と読めることに由来します。

日本の文化には古くからお米が関わっていることや、「末広がり」で縁起が良いとされる8の数字が2つ重なっていることから、大変めでたい歳とされています。

テーマカラーはお米の色にちなんだ金茶色です。

卒寿(そつじゅ)…90歳

■テーマカラー: 紫

「卒」の略字「卆」が九十と読めることに由来します。

テーマカラーは紫です。

白寿(はくじゅ)…99歳

■テーマカラー: 白

百の字から一を引くと「白」になることに由来します。

テーマカラーは白寿の名前にちなみ、白となります。

百寿(ひゃくじゅ)【百寿(ももじゅ)】【紀寿(きじゅ)】…100歳

■テーマカラー: 白

100歳であることから百寿と呼ばれます。

100年が一世紀であることから、「紀寿(きじゅ)」とも呼ばれます。

テーマカラーは白です。

百が「もも」とも読めることから、桃色のものが贈られることもあります。

 

 

100歳を超える長寿祝いもあります

100歳を超えるとテーマカラーは特にありません。

茶寿(ちゃじゅ)…108歳

茶の字を分解すると八十八、十、十となり、すべて合わせると108になることに由来します。

皇寿(こうじゅ)…111歳

皇の字を分解すると白(99歳)、一、十、一となり、すべて合わせると111になることに由来します。

大還暦(だいかんれき)…120歳

2回目の還暦となります。

天寿(てんじゅ)…250歳

寿命という意味もあります。

「天寿を全うする」という風にこの言葉が使われます。

 

 

 

長寿祝いのお祝い方法

 

家族や身近な人がお祝いの会を開くことが一般的です。

高齢となりますので、長時間の祝宴や旅行などは負担になる場合もあります。

その場合はお祝いの仕方に配慮しましょう。

 

 

 

金額の相場

 

両親の場合:2~3万円

祖父母の場合:1~2万円

親戚などの場合:1万円前後

それ以外の場合:数千円程度

高価なプレゼントを贈る場合は、家族や兄弟などで共同購入するのが良いでしょう。

 

 

内祝いは必要?

 

傘寿以降は周囲の人たちに祝ってもらうのが一般的となりますが、ぜひその場合は内祝いを用意しましょう。

内祝いの熨斗(のし)の表書きは「内祝」「寿」「還暦内祝」などとします。

水引は紅白の蝶結びです。

年齢をイメージしたバームクーヘンや、お酒、お煎餅などがおすすめです。

 

 

おすすめプレゼント

 

長寿祝いは人生の区切りとなるお祝いです。

消耗品に限らず、記念になるプレゼントや思い出に残る食事会や旅行などを贈るのがおすすめです。

健康状態や趣味に合わせた品を贈ると良いですね!

還暦は赤いちゃんちゃんこというイメージがありますが、最近では還暦はまだまだ若いこともあり、実用的なものや趣味のものを贈ることが多くなっています。

迷った場合はそれぞれの長寿祝いのテーマカラーに合わせた色のプレゼントを選ぶと良いでしょう。

 

定番ギフト

定番ギフトはお花、お酒、お菓子です。

お花は胡蝶蘭が豪華で人気です。

ミニ盆栽なども新しい趣味の糸口になるということで喜ばれそうです。

 

    

 

実用的なもの

実用的なものとしては、マッサージグッズや健康グッズなどが人気です

他にも明るい色のベスト、スポーツウェア、ステッキや日傘などがおすすめです。

女性には、アクセサリーや口紅も喜ばれます。

 

  

 

体験型のギフト

素敵な思い出を作ってもらうために、温泉の旅行券などがおすすめです。

 

 

 

人生の節目の大切な長寿祝い。

「これからも元気で長生きしてね」という想いを込めて、喜んでもらえる日にしたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました