【カインズホーム】オシャレな本棚、組み立ててみた【IKEA商品との比較】

生活の豆知識
スポンサーリンク

本の断捨離をしようとしてもなかなか片付かない、

なんてことはありませんか?

私は過去に何度もあります。

そして思い切って処分してしまった小説が、やっぱりもう一度読みたくて再度購入、なんてことも。

もうそんな風に大切な本を処分してしまいたくないな、と思いました。

 

そこで、無理に減らそうと考えるのをやめて、本棚を購入することを決意。

 

たくさんの本が片付かないのは、十分な収納スペースがないからかもしれません。

 

本棚は家具の中では大きなものとなりますが、効率的に本を収納できる優秀アイテムです。

 

カインズホームの本棚を購入

今回私が購入したのはカインズホームの本棚です。

購入したのはこちらの幅88×高180のものを2個です。

F6 書棚1888 ナチュラルエルム

オンラインショップ価格7980円(税込)

プラスドライバー1本用意すれば組み立てることが出来ます。

過去にIKEAの本棚を購入したことがあります。

今はそのIKEAの本棚は子供部屋で使用中。

私自身の本や、家族みんなの本を収納するために新たな本棚をカインズホームで購入しました。

 

 

▼動画で作り方を紹介しています

【カインズホーム】ブックカフェ風♪本棚を組み立ててみた【DIY】

 

 

思っていた以上に優秀だった

カインズホームの本棚ですが、思っていた以上に素晴らしい点がたくさんありました。

今までIKEA家具を多く購入してきたので、その違いに新鮮さを覚えた点が多かったです。

IKEAと比較した時のカインズホームの本棚のメリット、デメリットをまとめてみました。

 

【メリット】

1.外箱の大きさがコンパクト

まず、購入時の外箱の大きさがコンパクトでした。

高さ180㎝の本棚を購入したのですが、外箱はその半分の高さ。

つまり、高さが2段階に分かれていて組み立て式となっているのです。

IKEAで購入するときは1枚の板だったため、車の助手席まで倒さないと入らない大きさでした。

 

2.板にアルファベットが書いてある

圧倒的に分かりやすいと感じたのがこれです。

それぞれの板にABC・・・といったアルファベットが直接印字されていました。

組立説明書と照らし合わせてスムーズに組み立てることができます。

 

 

3.部品が数えやすい

IKEAの場合は部品が袋にどさっと入っていました。

カインズホームの場合は部品が一つ一つ見えるように梱包されていました。

ひとめで数が足りているか把握することが出来ます。

 

 

4.オシャレ

木目の色合いなどが部屋とマッチして、とてもオシャレでした。

日本のホームセンターでここまでオシャレな本棚が買えるのは正直驚きました。

カインズホームでは家具に限らず日用品などもデザインがオシャレなものが多いと感じます。

 

【デメリット】

物にもよるかと思いますが、私が過去に購入したIKEAの本棚の場合は下の壁側に隙間が空いているデザインでした。

部屋には通常、巾木(はばき)というでっぱりの部分があるので、このような隙間があると本棚を壁にピッタリ付けることが出来るんですね。

 

カインズホームの本棚にはこの隙間が有りませんでした。

よって、壁との間に巾木の厚みの分だけ隙間が出来ます。

商品によって異なるかもしれませんが、私が購入した商品は隙間がなかったです。

ここがちょっと惜しいと思った点でした。

 

おわりに

今回本棚を購入したことで、家にあるすべての本を余裕をもって収納することが出来ました。

よって無理に本を処分しようと思わなくて良くなりました。

断捨離が流行っていますが、自分にとって大切なものって結構あるものなんじゃないかなと思います。

物を少なくすることだけに躍起にならずに、大切なものをきちんと収納していくことですっきり暮らしていけたらいいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました